うきわく7つの習慣 
うきわくは「7つの習慣j®」福山加茂教室を運営しています。     以下、教室プログラムで基本原則となる7つの習慣について解説します

24052698_s.jpg

01

​自分の意志・判断に基づいて 行動しよう

私たちの〝いま〟は、すべて自分自身の決定と選択の結果からできあがっています。決定と選択の手前にはいろいろな状況があるわけですが、でも最後は結局

自分で決めて行動しているのです。

これから続く長い人生、うまくいくことばかりではありません。そして、そのうまくいかなかったときに、自分がどう考えるかが問題💦

あなたは自分以外のヒトやモノ、環境のせいにしてはいませんか?もししていたら、それって、結構かっこ悪いかも💦

自分事で考え、再び選択し、そして行動〝リスタート〟してほしいと思います。

02

​行動する前に、目的・ゴールを 必ず設定しよう

目的地がわからずにスタートすることはできませんよね。非効率にムダな道をたくさんたどって、〝いったい全体ここはどこ?〟となってしまったら、かけた時間もあなた自身も、めちゃくちゃモッタイナイ‼

行く場所≒なりたい自分​

目的地がわからない場合、見つけるところから始めましょう。​

24294432_s.jpg
IMG_6092_edited.jpg

03

​必要なことに時間をかけ、必要ないことに時間をかけないようにしよう

何をするにも、私たちに与えられた時間は等しく1日24時間。これまでもその時間の使い方を、自分で決めて過ごしてきたはずです。

〝なりたい自分〟になるためには、時間の使い方がとても重要。​〝なりたい自分になる〟ための重要事項には、もちろんたくさん時間をかけて、そうでないことには時間をかけない「ノー」の選択ができる強い自分になることが必要です。

04

ここからは私たちのステージが一段アップ⤴

 

win-winとはお互いの利益になる結果を見つけるということ。人と人とが協力して結果を出すこと。

今までは、自分が勝つか相手が勝つかの

競争ゾーン

ここからは、自分も勝って相手も勝つという

協力ゾーン

自分の目標にたどり着くには、自分以外の人のチカラが必ず必要になるものです。

​自分だけでなく相手のことも

ちゃんと考えよう

24542994_s.jpg
24379599_s.jpg

05

​相手のことをまず理解しよう

相手を理解することが先にあり、そのあとで自分を理解してもらうという順番。

話の聴き方の最高レベルは〝共感による傾聴

相手を理解しようと聴くことであり、相手の身になって聴くこと、それができたとき相手はようやく自分を受け入れてくれるということ

ナノダ。

順番は   相手→自分  である。

​胆に銘じよう!

06

​自分以外の人のチカラを借りる勇気、自分のチカラも貸してあげるキモチを持とう

​シナジーとは、簡単にいうと、〝全体の結果〟が〝個々が活動して得られる結果〟よりも大きくなるということ

​算数で言うところの、足し算から掛け算

になるイメージ。

互いの違いを尊重することシナジーの本質だが、互いを尊重するにはそれぞれが〝自立〟していることが前提となる。

24458409_s.jpg
24294518_s.jpg

07

​毎日まなび続けよう

これら6つの習慣を身に着けた上でも、 

あなた自身〟の側面を整え続ける

ことがもっとも重要で必要なこと。

側面とは…

肉体、精神、知性、社会・情緒の5つ  

カラダに良いものを食べ、リラックスし、時に運動。

継続的に学び、日々他者と接する中で感じ・考えること……​

日々〝自分〟を丁寧に育てていこう!

 

​     習慣は変えられる

​     習慣が人生を作る